ある意味、彼氏・彼女に贈るより難しい?

恋人ではない異性の友人や知人にプレゼントを贈る機会って、たまにありますよね。

例えば、お誕生日のお祝いや就職祝い、転勤の記念品、何かのお礼などなど。

でも、女性が男性に、男性が女性の友人や知人にプレゼントを贈る場合は、ちょっぴり気遣いが必要です。

自分は何の下心もなく、ただ「喜んでもらえれば」という善意で贈ったつもりなのに、変な誤解を招いたり、相手を困らせてしまう・・・なんてことになるのは残念ですよね。

ということで、今回は、異性の友人には贈るのをなるべく避けた方が良い「NGプレゼント」の一例をご紹介します。

スポンサーリンク

男性から⇒女性へのNGプレゼント

女性は趣味に合わないデザインのものは、たとえ文房具ひとつでも許せない、という人が男性よりも格段に多い傾向があります。

女性はそれだけ自分の身の回りのものに関する雰囲気や世界観を大切にしているのですね!

そのため、まずは「デザイン性」が重視されるようなものは選ばないに越したことはありません。

それ以外に気をつけた方が良いのが次のアイテムです。

高価な貴金属やバッグ

恋人や夫でもない男性が、女性に高価なものを贈った場合、一般的に贈られた女性は嬉しく感じるよりも

「こんな高価な物をもらってしまって(お返しを)どうしよう?」

と思って困惑してしまう可能性が高いです。

もっと悪く言えば

「何か見返りを期待しているの?」

「私のこと(彼女にしようと)狙ってるのでは・・・?」

と、変に邪推されてしまう危険性もあり、急に関係がギクシャクしてしまうなんてことにもなりかねません。

今までどおりの良好な関係を保ちたいなら、あまり高価過ぎるプレゼントは避けたほうが良さそうです。

100円ショップで買ったもの

最近の100円ショップって、「本当にこれ100円でいいの?」と思ってしまうくらい素敵なものがそろっていますよね。

それを女性自身が自分で買う分には何の問題もありません。

でも、いくら可愛いものでも異性から100均で買ったものを贈られると、

「私のこと、バカにしてるでしょ?」

と思ってしまいます。

何かのジョークでプレゼントするのでなければ(たとえば、本当のプレゼントの前にジョークとして渡すとか)100円ショップものは避けましょう。

身につける物

一般的に、女性は恋人でもない男性から、アクセサリーや洋服などの「身に付ける物」贈られると、ちょっと重く感じてしまうことがあります。

ピアス

仮に、相手の女性の趣味に合わないデザインの物を贈ってしまった場合、

「次に会う機会には(付けたくないデザインなのに)これを身につけなきゃいけないの?」

と、せっかくのプレゼントなのに、喜んでもらうどころか、余計な気を遣わせてしまうことにも・・・。

よほど相手の趣味を知り尽くしている、という場合以外、身に付けるものは避けたほうが無難です。

女性から⇒男性へのNGプレゼント

実は、男性は女性よりも「勘違い」しやすい特性を持っていると言われています。

女性としては、友人や知人への礼儀としてのちょっと親切にしてあげただけなのに、相手の男性は

「お!このコは、オレに好意を持っているのかも?」

と勝手に思い込んでしまうことが女性よりも多いようです。

そう聞いて、ちょっと心当たりのある女性もいらっしゃるのでは?

ということで、変な誤解を与えて後々面倒くさいことになりなたくない、という方は次のプレゼントはなるべく避けましょう。

ネクタイなど身に付ける物

ちょっと古いですが、ネクタイには「あなたに首ったけ」という意味があるとされています。

さらに、ネクタイを固定するネクタイピンには「束縛」という意味も。

ネクタイたとえこちらがそんな意識がなくても、ネクタイにまつわる意味を知っている男性に贈ってしまったら、怖い女と思われてしまう可能性も・・・!

そして、男性から女性へのNGプレゼントにもあったように「身に付ける物」はなるべく避けたほうが良さそうです。

たとえば、身に付けるものを贈った相手の男性に彼女や奥様がいらっしゃる場合、

「それ、誰にもらったの?」

と、気づかれて、その方の気分を害してしまったり、さらに悪いパターンなら、あなたを「浮気相手」と勘違いしてしまう・・・なんてことにも!

ちょっと気をつけて、余計なトラブルを招かないようにしたいものですね。

手作りのもの

手編みのセーター、マフラー、ハンドクラフトのアクセサリーなど、手作りのものにはその人の「思い」がどうしてもこもります。

あなたの趣味が手芸であると相手も知っているなら話は別かも知れませんが、そうではない場合、手作りアイテムを贈られた男性は一般的に「重い」と感じるか、あるいは「オレに気があるの?」と誤解してしまう可能性が高いです。

手作りのクッキーやケーキなどのお菓子なども、相手の男性だけでなく「みんなにあげた」という場合は問題ないですが、個人的にプレゼントする場合は、ちょっと気をつけたほうが良さそうです。

いかがでしたでしょうか。

プレゼントをした相手に気を遣わせることなく、素直に喜んでもらうのって案外難しいですね。

ということで、次は異性に贈っても大丈夫そうなOKプレゼントをご紹介します。

こんな記事も読まれています

【ハーバリウム特集】完成品からおすすめ手作りキット・オイル・瓶・材料まで!口コミと評判... ハーバリウムでお花を長く楽しみたい! 「花は散るから美しい・・・。」 と、散りゆく桜など、儚いものに美しさを感じるの...
赤ちゃんのおもちゃ選びの注意とコツ(1歳~2歳)... 小さな子へのプレゼント選びは楽しいけれど・・・ お子さんやお孫さん、姪っ子さんや甥っ子さんなど、小さなお子さんへ「おも...
結婚祝いでもらうと、ちょっと困るものとは?... 結婚祝いを、もらう側の立場から考えてみませんか?結婚祝いのプレゼントって、ロマンティックなものばかりで、選んでいる方も幸...
結婚祝いに!3,000円以下で選べるキッチンアイテム... キッチンアイテム選びのポイントは?新婚さんに贈ると喜ばれそうなプレゼントのジャンルのひとつが「キッチンアイテム」です。で...
枯れないお花「プリザーブドフラワー」を贈りませんか?... 花のいのちは短くて・・・?花のいのちは短い、そして花は散るからこそ美しい・・・とは、昔からよく言われていることですが、せ...
出産祝いに人気の「おむつバスケット」って何?... 独身や未経験者にはハードルが高い、出産祝い選び・・・友だちや従姉妹にベビーが誕生したら、可愛くて役に立つ出産祝いを贈りた...