花のいのちは短くて・・・?

花のいのちは短い、そして花は散るからこそ美しい・・・

とは、昔からよく言われていることですが、せっかく咲いたきれいな花なら、長く楽しみたい、というのも本音ですよね。

たとえば、大好きなあの人にもらった花だから、ずっとずっと飾っておきたい・・・なんて方もいらっしゃるのでは?

そんな夢のような「枯れない花」、それが「プリザーブドフラワー」です。

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワー(Preserved Flower)」は、英語で「保存された花」という意味です。

プリザーブドフラワーは、造花ではなく、本物の花(生花)を長期間「保存」できるように特殊な液に漬けて加工したもので、直射日光や湿気などを避けて上手に保管すれば10年以上美しい状態を保てるとも言われています。

プリザーブドフラワーの魅力は、お生花に近いしっとりとした質感と美しい色合い、加えて、お生花と違って水やりなどの手間がかからないことです。

また、生花では存在しない「青いバラ」も、プリザーブドフラワーなら、こんなに美しく作り出すことができるのです。

◊ローズキューブ【ブルー系】

大切な人に贈りたい、プリザーブドフラワー

母の日や、結婚祝い、そして大切な人のお誕生日など、大切な方の大切なシーンに、ハイセンスで美しい「プリザーブドフラワー」を、お好みのスタイルでを贈ってみませんか?

ありがとうの気持ちを“ハート”に込めて

立てかけておけるハート型のフレームに入った、とってもキュートなアレンジメントです。

玄関ポーチや机の上などにさり気なく飾れる15cmほどの大きさです。

結婚祝いや母の日の贈り物にピッタリなアイテムです。

ビタミンカラーがまぶしい花束

ビタミンカラーのオレンジ色の花束は、お誕生日やご結婚祝い、母の日や敬老の日などなど、おめでたい日にピッタリの美しくて華やかなアレンジメントです。

贈った相手に元気パワーも一緒に届けられそうです。

いつまでも眺めていたくなる可愛らしさ・・・

見た目にも可愛らしく、ホコリからお花を守ってくれるガラスドームに入ったプリザーブドフラワーです。

ピンクのバラのまわりに、かすみ草やパールなどがあしらわれた優しくエレガントなアレンジメント。

ドームのトップでは、ハートを抱いたクリスタルのエンジェルがプリザーブドフラワーを優しく見守ってくれています。

もしかして、これは“彼女”の忘れ物・・・?

美しい輝きを放つガラスの靴に、2輪のバラやリボンがあしらわれたキュートなデザイン。

バラのカラーはイエローのほか、ブルー、ピンク、レッドなども選べます。

記念日がますます特別なものになりそう

プリザーブドフラワーが、直径12cmの可憐で美しいケーキになりました。

優しいベビーピンクのバラにファーとリボンが飾られたロマンティックな仕上がりです。

食べられないプチケーキなら、ダイエット中のお母さんにも喜んでもらえるかも・・・

美しいのに実用的な、才色兼備な逸品

幸せの時間(とき)を刻むプリザを貴方のそばに!

今も昔も、この先もとわに時間は流れ続けます。

現代の目まぐるしく移リ変わる時間の中で、そっと優しく流れる時間に身を任せてみませんか?

魔法のプリザが時間の流れを優しく幸せに導き、大切な人のそばで、とわに素敵な時間を刻み続けてくれるでしょう。

いかがでしたでしょうか。 きっとプリザーブドフラワーのファンになってしまった!という方もいらっしゃるのでは? どうか、大切な人に素敵な花を贈ってくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

赤ちゃんのおもちゃ選びのコツ(1歳~2歳)... 小さな子へのプレゼント選びは楽しいけれど・・・ お子さんやお孫さん、姪っ子さんや甥っ子さんなど、小さなお子さんへ「おも...
結婚祝いでもらうと、ちょっと困るものとは?... 結婚祝いを、もらう側の立場から考えてみませんか?結婚祝いのプレゼントって、ロマンティックなものばかりで、選んでいる方も幸...
結婚祝いに!3,000円以下で選べるキッチンアイテム... キッチンアイテム選びのポイントは?新婚さんに贈ると喜ばれそうなプレゼントのジャンルのひとつが「キッチンアイテム」です。で...
出産祝いに人気の「おむつバスケット」って何?... 独身や未経験者にはハードルが高い、出産祝い選び・・・友だちや従姉妹にベビーが誕生したら、可愛くて役に立つ出産祝いを贈りた...
異性の「友人」向けのNGプレゼントとは?... ある意味、彼氏・彼女に贈るより難しい?恋人ではない異性の友人や知人にプレゼントを贈る機会って、たまにありますよね。例えば...
50代、60代以上のお母さんへの母の日のプレゼント... ベテラン「お母さん」が欲しい物、それは・・・娘や息子を一人前に育てて、自分の第二の人生を謳歌している50代、60代以上の...