最近、汗をかいてますか?

みなさんは、最近、たっぷり汗をかいてますか?

ちょっと汗ばむ感じではなく、全身から吹き出て、流れるような汗のことです。

聞くところによると、汗が出る「汗腺」って、あまり汗をかかないでいると退化してしまうんだそうですね。

そうなると、暑いときに汗をかいて体の熱を放出することができなくなり、熱中症にもなりやすくなってしまうのだとか・・・!

 

とは言うものの、大人になるとなかなか汗をかく機会も少なくなってきますよね。

実は、私も代謝がだいぶ落ちてきているせいか、熱いものや辛いものを食べてもほとんど汗をかかず、運動を軽くしたくらいでは汗ばむ程度にしかなりません。

 

そんな私みたいな「汗をかきにくい」という方にこそぜひ体験してほしいのが嵐の湯です。

たまに「汗をかくと気持ち悪い」なんて言う人もいますが、それは汗をかくこと自体が気持ち悪いのではなく、汗をかいた後、そのままの状態でいることが気持ち悪いんだと思います。

汗をかくことってものすごーく気持ちよかったんだ、ということを、嵐の湯に入ると思い出しますよ!

スポンサーリンク

嵐の湯とは?

嵐の湯を簡単にいうと「石風呂」です。

よく岩盤浴ってありますよね?あれの石バージョンといった感じです。

天然温泉薬石浴と言って、15種類の玉石状の薬石に天然温泉水がかけられたところに横になり、サウナのような状態でカラダが温められることにより、全身から汗が出てきます。

嵐の湯

出典:http://www.amc-collabo.co.jp/arashi/

全国に加盟店がありますので、お近くの嵐の湯を探してみてくださいね。

※嵐の湯加盟店一覧»

嵐の湯の入り方

嵐の湯に入るときは、下着などは脱いで、お店で貸してくれる浴衣に着替えます。

また、入る前に水分をしっかり摂るようにします。

嵐の湯の中は、スチームサウナ並に湿度が高いので、長時間は入れません。

体調に合わせてムリがない程度に5~10分入ります。

代謝の良くない方は、最初はきっとそれほど汗が出ませんが、一度外に出て5分程度休憩します。

このとき、水分を補給することをお忘れなく!

そして、再び嵐の湯の中へ入ると、今度は1回めよりずっと汗をかきやすくなっているはずです。

このように、5分~10分くらい入ったら外に出て休憩し、水分を補給したらまた5~10分入る、というのを2回から3回繰り返します。

1回めより2回め、2回めより3回めの方が汗がより多く出て、私ってこんなに汗がかける人だったんだ!と自分でもビックリしてしまいました。

嵐の湯の効能

私がよく行く石和温泉のホテル春日居にある嵐の湯のホームページには、嵐の湯の期待できる効果・効能として次の内容が書かれていました。

  • 新陳代謝改善
  • ダイエット効果
  • デトックス効果
  • 体質改善
  • 腰痛肩こり
  • 美肌
  • 免疫力向上
  • リラックス効果

きっと、人によって体感できる効能は違うと思いますが、私が感じたのは次のようなものでした。

カラダが軽くなった

これは、嵐の湯に入ると、毎回一番感じることです。

恐らく、血流が良くなったことにより肩こりなどがとれてそう感じるんだと思いますが、カラダが軽くなると気持ちも軽くなるからフシギです。

なんか、気持ちがポジティブになるんです。

よく、病は気からなんて言いますが、気持ちがポジティブになれば、病も寄り付かないかもしれませんね!

ただ、実際に体重が軽くなった・・・なんてことは残念ながらありませんでしたので、すぐにダイエット効果があったとは言えませんが、頻繁に通えばそういうこともあるのかもしれません。

利尿作用があった

入浴後は、頻繁にトイレに行きたくなりました。これも血流が良くなったことにより、腎臓の機能も活性化され、老廃物を排出してくれた、つまりはデトックス効果があったのでは?と思っています。

肌がツルツルになった

これも血行が良くなったことによる効果だと思います。

肌にツヤがない人、顔色が良くない人は試してみる価値アリです。

ぐっすり眠れた

私は普段から寝付きはいい方なのですが、以前、活動量計を借りて眠りの深さをはかったら、かなり浅い方でした。

恐らくデスクワークばかりで身体をあまり動かしていないせいなのかも知れませんが、嵐の湯に入るとリラックスできて、適度に身体が疲れるので、ぐっすり熟睡できるのだと思います。

私がよく行く「嵐の湯」がある宿

私は、山梨県の石和温泉にある「嵐の湯」がある宿によく訪れます。どちらも日帰り入浴も可能です。

■くつろぎの邸 くにたち

くつろぎの邸 くにたちは、おもてなしを重視した、客室が19室のこぢんまりとした「和」の宿で、従業員さん一人ひとりがとても優しく気を配って接してくれます。

エントランスを入ると、なんとなく懐かしさを感じる、風情のある中庭が広がっています。

屋外にある嵐の湯の涼み処からもこの中庭を眺めることができ、自然の風に吹かれながら気持ちよくクールダウンできます。

宿泊するお部屋は「露天風呂付きの客室」を選ぶと、好きな時間にお部屋の露天風呂に入ることができるので、これ以上ないほどくつろいだ気分を味わえますよ!

くにたち

出典:http://www.isawa-kunitachi.com/information/

■ホテル春日居

ホテル春日居は、12階建て全87室のリゾートホテルです。

大型ホテルだけあって館内は嵐の湯のほかにも、エステ、ワインバーなど施設が充実しているので、贅沢な休日を過ごすことができます。

嵐の湯も照明暗めで、とても落ち着いた空間になっています。

涼み処は屋内ですが、リクライニングベットやジャクジータイプの足湯があるので、ゆっくりクールダウンできます。

 

私はどちらの宿も好きなので、そのときの気分で選んでいます。

お食事はどちらも美味しいのですが、特にホテル春日居の部屋食で食べた和食のコースはとびきりの美味しさでした!

もちろん、どちらの宿も普通の温泉もありますので、次回の温泉旅行にいかがですか?

私もこれを書いているうちにまた行きたくてウズウズしてきてしまいました!笑

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

サントリーの白州蒸留所の工場見学が楽しい!... サントリー白州工場は、お酒好きじゃなくても楽しめる! 私は昔から工場見学というものがとても好きなんです。 これまで、...
嵐の湯でたっぷり汗をかいてデトックスしよう!... 最近、汗をかいてますか? みなさんは、最近、たっぷり汗をかいてますか? ちょっと汗ばむ感じではなく、全身から吹き出て...